フォレストボードページトップへ
■フォレストボード販売にあたり■基準サイズ■フォレストボードの物性値■施工写真


秋田杉から生まれた新しい断熱材

フォレストボード

21世紀は環境共生社会 本物は原点にかえる


 現在、地球環境の実態は、私たちが一般に知っているよりはるかに深刻です。
地球温暖化、オゾン層の破壊、森林破壊、酸性雨、生物種の絶滅、
また、これからは大量に排出される産業廃棄物「ゴミ」問題などは、
どれ一つとっても大変深刻な問題です。
 また、私たちの住環境もシックハウス、シックビル、シックスクールなど化学物質
による健康被害は、これからますます私たちの社会生活にふりかかってきます。
その多くの原因は大量生産、大量消費、大量廃棄の現在の経済活動であり、
往き過ぎた利便性や快適性の追求にあります。
 地球は無限ではありません。限りある地球で経済拡大を続けることは
不可能です。私たちは環境共生社会を提案します。

 このような現状で、私たちは地球環境に負荷が少なく、
安全で安心して使用できる断熱材の開発に成功しました。
原料は自然素材にこだわりバージンパルプと杉の樹皮を使用し、
ボード形成に必要な接着剤はコーンスターチ
(トウモロコシのでんぷん糊)を使用しています。
 自然素材でできていますので廃棄した時には土にかえります。
また、これからは、バイオマス発電などの新しいエネルギー源になりますので
リサイクル可能です。
今までの化学系の断熱材は、燃やせばダイオキシン、捨てれば土壌汚染、
水質汚染につながります。

 自然素材からできたフォレストボードは、化学系の断熱材と比較して、
熱伝導率の数値は劣りますが、製品の安全性、リサイクル性、蓄熱性、
そして何よりも結露がしにくいのが大きな特徴です。

 木材製品の製造過程で、そのほとんどを産業廃棄物として処理されていた
スギ樹皮を製品化し、資源を無駄なく使いきる、そんな願いを込めて、
秋田の森をイメージし、フォレストボードと名づけました。
 より多くの人に使って頂きたいと願っています。

→このページのトップへ