内断熱+内装下地材(石膏ボード・ラスボードなどの内装下地材のように)として
 フォレストボードはこうした使い方もできることがわかってきました。
これはフォレストボードの「蓄熱性」「調湿性」「ホルムアルデヒド吸着性」「吸音性」など特性を複合的に活かせる方法として、 大変理にかなう、おもしろいものです。

1)仕上げに
 仕上げ材としてフォレストボードをそのまま使うという方法です。

<取り付け方>
@ ジョイント部分は極力目違いの起きないようにお願いします。
A 釘は、長さ50ミリのフィニッシュ(細いピン状の釘)、100ミリ間隔で留めて下さい。
B ネジ頭が気にならなければネジ留めして下さい。内装下地材として壁紙仕上げの場合はネジ留めにして下さい。
C 場合によって木工用ボンドとの併用も考えてください。

<目地の処理>
 下地材にフィニッシュなどで留めるときに圧縮されることも含め、目地に段差がでる可能性があります。 対処として、目透かしで取り付けたあと細い木、ジョナーなどを入れ込むなどが考えられます。

2)壁の内装下地材に
 次のような形で内装下地材として使うことができます。
施工は仕上げ材として使う場合と同じです。



■漆喰・珪藻土・ゼオライトなど左官仕上げ

ジョイント部分の処理はしっかり行ってください。

1.目地に○○パテを強く押し込む。

2.〇〇パテを目地部分に強く押し込んだ後に若干盛るように処理してください。
その際、パテ幅は30ミリほどが適当です。

3.シーラー処理は下記のどちらかで
@ 木創ノンホールと水を1:2でよく撹拌、ローラー・刷毛などで塗布し、乾燥させる。
A 木創ノンホールをそのままへらで全面にパテをする要領で薄く塗り、乾燥させる。

4.塗り壁に色ムラが出る場合は2回塗りを行うなどしてください。

○○パテ作り ○○パテ処理
 
木創ノンホールでシーラー処理  
フォレストボードに漆喰 フォレストボードに珪藻土


■塗装(柿渋、Jカラー等)仕上げ

 左官仕上げと同じです。
 ただし、柿渋の場合はシーラー処理を必要としません。

フォレストボードに柿渋 フォレストボードにJカラー


■壁紙(木創オリジナル壁紙)仕上げ

フォレストボードの施行は必ずネジ留めして下さい。
ジョイント部分のクロスパテで処理をしっかり行ってください。

<貼り方>

 重ね切り貼りにしてください。
 その際、フォレストボードがカッター傷で開くことの無いようにガードテープを使用してください。
 カット後、伏せ目地テープを貼れば万全。

 シーラー処理は下記のどちらかで
 @ 木創ノンホールと水を1:2でよく撹拌、ローラー・刷毛などで塗布し、乾燥させる。
 A 木創ノンホールをそのままへらで全面にパテをする要領で薄く塗り、乾燥させる。

クロスパテ処理 ノンホールでシーラー処理
木創オリジナル壁紙貼り 伏せ目地テープ処理
 
フォレストボードに木創オリジナル壁紙