1.流れが単純なので、材木の素性と責任の所在が明らかです。
 2.横のつながりがあるので、同じ意識で品質管理を徹底できます。
 3.作り手の声を伝え、柔軟に対応することが出来ます。
 4.顔が見える関係で仕事が出来ます。









輸入材は防カビ・害虫駆除の薬剤処理が行われます。見栄えを良くする発色材などが添加されるものもあり、 特に加工品などは輸出時にどういう処理がなされているか、国産材と比べると履歴がわかりにくくなっています。
モクネット・秋田スギ供給グループでは、山から運ばれてきた木がどのような過程を経て製品となり、住まい手に届くのか、 全てを明らかにしています。素肌に触れても安心して使っていただけます。




モクネット・きみまち塾舎外観:自然乾燥材(外壁)に自然塗料仕上げ 塾舎内観 腰壁:秋田スギ一等15mm、床:秋田スギ一等30mm 塾舎内観 壁:フォレストボード 下地+塗壁、腰壁:秋田杉一等15mm 塾舎和室 壁:フォレストボード 下地+和紙、床:フォレストボード畳
白神フォレストボードのストックヤード:秋田スギ桟積み自然乾燥材 白神フォレスト:秋田スギ 大黒柱、芯持 背割角 5寸〜8寸 白神フォレスト:秋田スギ 芯去割角(修正挽) 樹齢70〜80年生 一等役落 白神フォレスト:秋田スギ 芯去割角(修正挽) 樹齢70〜80年生 一等役落

<モクネット・きみまち塾舎>

木の家づくりを全国各地の仲間たちと進めてきたモクネットが、地元である能代市二ツ井町で地域の人たちとまちづくりを 共に考える場として、2007年春「きみまち塾」の塾舎を設けました。 モクネットの規格材やフォレストボード、ゼオライトの塗り壁、木創壁紙・和紙などで仕上げており、 モクネットの材料を体感できるモデル棟でもあります。





秋田スギ 梁材 秋田スギ 芯持4寸角 秋田市A邸 秋田スギ 梁材 一部古材使用 秋田市A邸 秋田スギ 梁材






天然青森ヒバ 赤柾本実巾ハギ 自然塗料1回塗り